前へ
次へ

インターナショナルスクールと通常の学校の違い

子供を学校に入学させる時に、インターナショナルスクールと昔ながらの学校等の何方にするのか悩むケースがありますが、子供を世界で活躍させたいのであれば、インターナショナルスクールが非常に便利です。
通常の学校は小学校や中学校レベルであれば、入学時に大した試験や面接も必要が無く、義務教育として自動的に学校に入学できますが、インターナショナルスクールの場合は、厳しい審査を通過しなければいけません。
親御さんの教育方針とスクール側の方針が一致している事が重要ですし、子供自体の語学力や理数能力をチェックされるので、一定のレベルに達しているハイレベルな子供が入学を許可されます。
インターナショナルスクールでは、授業で英語が使用されますから、語学力が無い子供はそもそも授業に対応できないので、入学できないのは当然です。
日常会話も英語がメインになるので、日本に居ながら、留学している感覚で勉強ができます。
通常の学校の様に先生が生徒に一方的に指導するというスタイルよりは、答えを導く為に子供自身が考える事を重視している点も少し違いがあります。

Page Top