前へ
次へ

苦手意識がなくなるインターナショナルスクール

今でこそインバウンドと呼ばれる外国人観光客の増加によって、さまざまところで世界各国の人を見かけるようになりましたが、英語が話せない人にとっては、とりわけ欧米の人達に対する苦手意識はまだまだ根強いものがあります。
英語が話せれば別でしょうが、英語が話せないと見た目がはっきりと異なる国の人に対しては、極力関わらないようにしようと考える人がほとんどです。
子供のころからインターナショナルスクールに通って学んでいると、英語が話せることからコミュニケーションに対する不安がないために、世界の人達に対する苦手意識を生みださないという利点をもたらしてくれます。
もし、外国人の子供たちに混じって学ぶインターナショナルスクールを選んだとしたら、よりいっそう世界にはさまざまな肌の色をし、英語以外の言葉を母国語に持つ人たちがいることを自然に学び取るため、外国人に対する苦手意識よりも興味や関心が勝る子に育つと考えられます。

Page Top